ヘッダとメインメニューをスキップ
長年の信用と実績を誇る タウンページでお馴染みの 今村化学工業白蟻研究所 本社/大分市椎迫1組の1 電話番号 097-546-4040 ファクス 097-546-7709
シロアリでお困りの方 シロアリの予防と駆除 維持・アフターケア 薬剤・工事の安全性
取り扱い商品のご案内 Q&A 会社情報 サイトマップ
Q&A
シロアリ防除について
湿気対策について
取扱商品について
マイホーム無料調査 詳しくはこちらをクリック

シロアリ防除について

Q:新築5年目なのですが、建築時にシロアリ予防をしているので、再度のシロアリ予防工事は必要ないのでは・・・?

A:現在のシロアリ予防工事に使用されている薬剤は有効効力期限が5年間となっており、 5年を境に効力がなくなっていきます。シロアリ薬剤は家屋の土壌面等へ薬剤処理されていますが、 薬剤効力が減少することにより土壌中に生息しているシロアリは何時でも侵入できます。薬剤効力を 考えると定期的な処理をお薦めいたします。

Q:我が家の床下は土間コンクリートを打っているので、シロアリは侵入できないのでは・・・?

A:最近では床下にコンクリートを打っている家が多く見かけられるようになりましたが、 その多くの方がコンクリートを打っているから我が家にはシロアリは侵入しないと思われていますが、 シロアリは口から蟻酸と呼ばれる酸を吐き出します。この蟻酸によりコンクリートを形成しているアルカリ成分が分解され、 シロアリは建物内に侵入できます。

Q:シロアリの被害に遭い、駆除工事を5年前にしたので、シロアリはいないので再度予防工事は行わなくても良いのでは・・・?

A:工事の施工内容といたしましては、被害を及ぼしているシロアリの駆除と、並行して床下や外部等から 侵入している箇所遮断し、施工後侵入できないようにする薬剤により予防処理を施します。
しかしながら、地中に生息するシロアリ全てを駆除することは不可能です。薬剤効力は5年間が限界です。5年を経過すると効力がなくなり、シロアリ侵入することは出来ます。

お問い合わせ先